出産育児一時金の支給制度

高齢出産を初めて経験される人の多くは、出産を理由に会社を辞めず産休をもらいながら出産と育児に励まれるケースが多いようです。

この場合、出産する本人が社会保険または国民保険加入者であることがほとんどだと思います。
このような場合に知っておきたいのは「出産育児一時金の支給制度」です。

出産育児一時金の支給制度の内容

会社、保険組合などによりそれぞれ異なりますが、
最低30万円を受け取ることが出来ます。
この制度は言わば「出産おめでとう金」のようなものです。

そのため「今までバリバリ仕事をこなしてきて気付いたら高齢出産」の人は、自分が加入してる保険制度を活用し、受け取れるお金をしっかり受け取って費用面でも安心して出産に臨みましょう。

幼児の医療費助成について

赤ちゃんの内は突然の病気、事故などで意外と医療費がかさむものです。
特に高齢出産である場合、母体の妊娠中毒症などが影響し体の弱い赤ちゃんが生まれてくる可能性が高くなるとされています。

どんな理由にせよ健康に生まれてくる赤ちゃんでさえ生まれてからの医療費はかさむものです

そんな時でも大丈夫。
この時強い味方となる「幼児の医療費助成」という制度があります。

これは幼児期、医療費を支払うことなく病院の診察を受けられるという制度で、各自治体が実施しているため、その内容や条件は各自治体により様々です。

ちなみにこの制度を適用させるためには手続きが必要になります。
それは出産前に各自治体の役場へ行き用紙を受け取り、出生届けと共に提出するのが基本です。

そして制度適用の条件を満たしていれば医療費の助成を受けることが出来、幼児の医療費がタダになります。

特に高齢出産の場合、赤ちゃんがお医者さんのお世話になる機会が多くその分、医療費がかさむため、まずは最寄りの役場へ行ってこの制度があるか否かを確認し、制度がある場合にはきちんと説明を受けて適切な手続きを行いましょう。

スポンサードリンク