育児休業給付金について

育児休業給付金とは、基本無給になってしまう育児休暇期間中の人の為に、雇用保険から支給されるお金のことで、この制度の事を育児休業給付といいます。

この場合に受け取れる金額は、育児休暇に入る前の賃金の40%相当です。

次にこのお金を受け取るための条件は、出産する人が雇用保険加入者で育児休暇に入る前の勤続年数が1年以上であれば基本的に誰でも受け取ることが出来ますが。

その他の詳細については最寄りの職業安定所に問い合わせてみましょう。
高齢出産は少しでも費用の負担が軽減されれば妊娠中、気持ち的にもゆとりある生活を送ることが出来ます。

高齢出産と医療費控除

高齢出産では思いの外医療費がかさむものです。
そこで年に一度行われる確定申告で医療費控除の申告しましょう。

この医療費控除は、多額の医療費がかかってしまった年の税金を軽減してくれる制度です。
この申告は1年間に自己負担で支払った医療費を家族全員分まとめて10万円を超えた場合、その金額に応じ税金が還付されます。

そのため高齢出産であれば特に還付金が出る可能性は高くなりますので、
病院までの往復のタクシー代などとにかく医療の為に自己負担で支払ったものについては領収書を大事にとっておく必要があります。

そうして集めた領収書で医療費控除の申告を行い、受け取れるお金はしっかり受け取ってこれから生まれてくる赤ちゃんの為に有効活用してあげましょう。

スポンサードリンク