母子医療の公費負担制度とは

母子医療の公費負担制度とは、妊娠や出産においてかかってしまう特別な医療費を公費で負担してくれる制度です。

それでなくても高齢出産は様々なリスクを抱えているものです。
そんな特別な医療に対し支払われる公費負担制度についてご紹介します。

高齢出と公費負担制度

高齢出産になると通常の出産に比べ様々なリスクを抱えざるを得なくなります。
それでもお母さんにある人はそんなリスクに不安を感じながらも一生懸命出産に臨むわけです。

このようなリスクを抱えざるを得ない高齢出産だからこそ、
そのリスクにかかる医療費を公費で賄う制度があるのです。

母子医療の公費負担制度という制度があることを覚えておき、
高齢出産のリスク対策の一つとして医療費の自己負担をできるだけ軽減できるようにしておきましょう。

公費負担制度の種類と相談

母子医療の公費負担制度には以下の種類があります。
◆妊娠中毒症に対する公費負担制度
◆未熟児に対する公費負担制度
◆小児慢性特定疾患に対する公費負担制度
◆身体障害児に対する公費負担制度

これらはいずれも住んでいる各市町村で設けられている制度である為、この制度を適用しようとする人の病状、所得などによる制限が各市町村により異なります。

そのため公費負担制度について、まずは保健所などに相談してみる事をオススメします。

スポンサードリンク