未熟児への公費負担制度

高齢出産の場合、通常の出産に比べ体が未発達なまま産まれてくる未熟児の出生率が高いとされています。

未熟児の赤ちゃんに対し赤ちゃんが生きていけるための処置を病院は施しますよね。そして赤ちゃんが元気になるまで暫くの入院を要します。

そんな母ちゃんと離れ離れで辛い母親と、一生懸命生きようとする未熟児の赤ちゃんの頑張りを応援するための公費負担制度があります。
それが「未熟児に対する公費負担制度」です。

もちろん未熟児の程度により入院にかかる時間はそれぞれ異なりますが、赤ちゃんを生かすための人命処置が行われるわけですから、それなりの医療費を覚悟する必要があります。
未熟児への公費負担制度はどんな医療費を公費で負担してくれる制度なのです。

小児慢性特定疾患への公費負担

高齢出産の場合、染色体異常が原因で様々な疾患を抱えた赤ちゃんが誕生することがあります。

例えば
◆がん
◆慢性人疾患
◆喘息
◆慢性疾患
◆選定性代謝異常
など生まれながらにしてこうした病気を抱えて産まれてくる赤ちゃんもいるのです。

やはり病気ですから治療もそれなりのものとなり医療費も多額になることは避けられません。
こんな場合も医療費を公費で負担してくれます。

例えどんな病気を抱えて生まれてこようとこの世に生を受けた以上、頑張って生きようとする赤ちゃんを生かすため最大限の努力をせねばなりません。
公費負担制度を活用して満足のいく医療を病気と闘う我が子へ提供してあげてください。

身体障害児への公費負担

身体障害者の子供に対し医療費が公費負担になる制度があります。
また各障害に必要とされ様々な補助具の支給も行われます。

高齢出産のリスクの一つとして障害を抱えた赤ちゃんが生まれてくることも少なくありません。
この場合も治療のためには多額に医療費がかかってしまうことになります。

このような場合も公費負担されるというわけです。
但し身体障害の病状によって内容が異なるため確認が必要です。

スポンサードリンク