妊娠中に注目される栄養素

高齢出産に限らず
妊娠中に摂取した方がいいとされ注目されている栄養素に「葉酸」があります。

妊娠初期から安定期を迎えるまでの間に葉酸不足の食事をし続けていると、
胎児が神経障害になるリスクがあるとされています。

そこで2000年より母子手帳にも
葉酸がいかに妊娠中に摂取すべき栄養素の一つとして必要であるか
が取り上げられるようになりました。

葉酸について

葉酸とは、
「人が形成される過程で行われる細胞分裂時に最も必要とされる栄養素」 となります。

そんな葉酸は、ほうれん草から抽出された水性ビタミンB群となり、次の食材に多く含まれています。
◆バナナ
◆枝豆
◆ブロッコリー
◆ほうれん草
◆レバー

高齢出産では大きなリスクとなる胎児の染色体異常の可能性が指摘されています。
そんな高齢出産においても妊娠中の葉酸の摂取は非常に重要となります。

葉酸を摂取するタイミング

葉酸を摂取するタイミングとして適しているのは、妊娠1か月前からと言われています。

と言われてもいつ妊娠するかなんて分かりませんよね。
そのため今後、高齢出産を予定されている女性は日頃から葉酸を摂取する食生活心がけておきましょう。

スポンサードリンク