ビタミンB6を摂取するということ

高齢出産に限らず妊娠中にビタミンB6を摂取することは、つわり予防に役立ちます。

母体はつわりが酷くなればなるほど体は栄養不足に陥ると共に気持ち悪さからくるストレスがたまっていきます。
高齢出産においてストレスは大敵です。

そこでこれを予防するのに役立つのが次に挙げる食材に含まれるビタミンB6というわけです。
◆鶏肉
◆ニンニク
◆いわし
◆かつお
などがありますので、
これらを他の栄養とバランスよく積極的に摂取していきましょう。

つわりが酷くなると心身ともに辛い日々が続き徐々に気持ちにも余裕がなくなっていくものです。
それが胎児へ悪影響を及ぼします。

この場合もビタミンB6を積極的に摂取していくことを心がけ、
できるだけストレスを受けないよう気持ちに余裕のある生活を送れるよう心がけていきましょう。

ビタミンEを摂取するということ

妊娠中にビタミンEを摂取するということは、
◆胎盤異常
◆流産
これらの予防に役立ちます。

そんなビタミンEが豊富に含まれる食材には
◆アボガド
◆かぼちゃ
◆うなぎ
◆アーモンド
などが挙げられます。

高齢出産で問題視されていること

高齢出産で問題視されていることは「胎児の自然流産」です。
この問題を妊娠中の食事管理で回避できるとしたら嬉しくないですか?

ビタミンEはこうした問題回避に役立つ大事な栄養素のひとつです。
そのうえ、産後の母乳の出にも影響を与え母乳の出が高まる効果もあるとされています。

このようにビタミンEは母体にとっても赤ちゃんにとっても大事な栄養素のひとつです。
できるだけ毎日摂取していけるよう献立を工夫してみましょう。

スポンサードリンク