高齢出産とはどういうことか

高齢出産とは
・35歳以上で初となる出産
あるいは
・40歳以上に2人目、3人目…の出産
のことをいいます。

そこで疑問なのは、
一般的に高齢者と呼ばれるのは70歳前後なのに対し、
なぜ高齢出産では35歳、40歳が「高齢」扱いになるのか?
ではないでしょうか。

こちらでは「高齢出産とはどういうことか」について解説していきます。

様々な統計・医学的にみた出産と子育ての限界

妊娠・出産というのは当たり前に行われるものではありません。
そんな神秘の世界の中で様々な統計・医学的にみた時、
「妊娠・出産・子育てができる限界は40歳前後の女性の体である」
と判断されているため高齢出産と呼ばれる40歳前後が「高齢」扱いになるというわけです。

但しこれはあくまでも統計結果に過ぎず、
40歳を過ぎた全ての女性が妊娠や子育てができないというものではありません。

赤ちゃんを出産し人の親になろうとする女性の力は計り知れないものがあります。
そのため統計結果に捉われて気落ちすることなく前向きな気持ちで高齢出産に臨みましょう。

スポンサードリンク